【第24回】コロナ新種で世界同時株安か それとも米国株も Black Friday 開催中か

株価指数・債券・為替・経済指標を振り返り

一週間の出来事要約【2021.11.22~11.26】

・パウエル議長再任で利上げ加速観測。円安ドル高進む。
・ドイツ、オーストリアなど欧州で数万人規模のデモ。
・みずほ銀行の度重なるシステム障害に対し、金融庁が異例の業務改善命令。
・中国当局による、配車アプリ大手「滴滴」のNY市場上場廃止を要請。
・新型コロナ変異種「オミクロン株」により世界同時株安。

株価指数各種・VIX

NYダウ 34,899.35前日比:-2.53%前週比:-2.01%
ナスダック 15,491.66前日比:-2.23%前週比:-3.65%
S&P500 4,594.61前日比:-2.27%前週比:-2.26%
ラッセル20002,218.25前日比:-4.92%前週比:-5.54
S&P500 VIX28.61前日比:+54.07% 前週比:+37.43%

週序盤はパウエル議長再任から利上げ加速を予想して、長期金利利回り上昇、ドル円上昇、中小型株やハイパーグロースの売りが進行。

金融相場から業績相場へ移行する典型的な流れがみられましたが

南アフリカで発見された新型コロナ変異種の登場で全部なかったことになり、巣篭り銘柄以外は全てヤラれてしまう動きの激しい1週間になってしまいました。

GAFAM

finviz S&P500 1day Performance

金曜1日で全部ひっくり返されたので昨日のヒートマップ。
スプラトゥーンで初心者と上級者が対戦したときの光景に酷似しています。

コロナの影響なので、NFLX、ZM、DOCU、TDOCなどの巣籠り系、MRNA、BNTX、PEFなどのワクチン系が奇跡の復活。

逆に酷かったのは、旅行、航空、ホテルなどのリア充銘柄。特にクルーズ大手CCL、RCL、NCLHは軒並み10%以上の急落。
この流れに原油先物も反応して13%の急落。

為替・ビットコイン

ドル円113.25円(前週比-0.64%
ドルINDEX(DXY):96.07(前週比+0.01%
ビットコイン(BTC):今の時点で54400ドル台(前週比-7.54%

利上げ加速の見込みで一時115.58円まで上昇したドル円も、完全に半年前の状況まで巻き戻されてました。それでも50日線で止まっているあたり、まだまだドルは強い印象。

ビットコインはこういった局面では資金が集まると思いきや同様に下落。
個人的にはこの辺から年末に向けて買い向かってもいいと思います。(買わないけど)

米国 中・長期国債

2年債利回り0.5078(前週比-0.98%
10年債利回り1.482(前週比-4.65%

株などのリスク資産から抜かれた資金が国債に集中して一気にリスクオフ。
イールドカーブもフラット化が一層進んでしまいました。

来週の重要な経済指標

12/1 ADP雇用者数 11月
12/1 ISM製造業景気指数 11月

12/3 雇用統計 11月
12/3 ISM非製造業景気指数 11月

来週の展望

クリスマス1か月前に登場したコロナ変異種の影響で、クリスマスにロックダウンにならないか、その前のクリスマスや年末商戦で小売りは大丈夫か、そういった負の感情がヒステリックに影響を与えているのが昨日の状況。

デルタ株と比較して感染力が強いとか、ワクチンが効かないなどの噂が出回っていても、あくまでも噂の段階です。ベルギーで感染が発覚した方もワクチン未接種者でした。

こういった場合、概ね「噂で売られ、事実で買われる」展開になることが多いので、私は今の状況は買いの好機と考えています。

来年には「あの時は米国株もブラックフライデーだったな」なんて言われているかも。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ