【第20回】主要3指数は最高値更新 個別株は明暗分かれる

株価指数・債券・為替・経済指標を振り返り

一週間の出来事要約【2021.10.25~10.29】

・フェイスブック、社名を「メタ」に改名。仮想空間に注力。
・ビザに独禁法の疑い、フィンテック大手を巻き込んで急落。
・アマゾンとアップルが決算ミスで2%程度の下落。アップルは時価総額首位転落。

株価指数各種・VIX

NYダウ 35,819.56前日比:+0.25%前週比:+0.39%
ナスダック 15,498.39前日比:+0.33%前週比:+2.63%
S&P500 4,605.39前日比:+0.20%前週比:+1.30%
ラッセル20002,294.50前日比:-0.06%前週比:+1.43%

高インフレ、物流停滞、労働力不足の中、主要3指数が最高値更新。
オシレーター系は過熱感高く上値は限定的。決算、指標、FOMCで急落に注意。

GAF(M)AM

finviz S&P500 1Week Performance

FBはAAPLのトラッキング変更、悪決算、内部リークにより先週から続落も
社名を変更した影響なのか週末に値を戻して、最終的には-0.32%と被害は意外と軽微。

AAPL、AMZNは決算ミスで下落したものの、50日線がサポートとなって反発。

その他、SBUXは決算ミス+労働力不足からの賃金UPで-7.40%。
ロッキードマーチン-11.29%、ボーイング-2.79%と航空防衛銘柄が全体的に決算✖
決算は良かったものの、Vの独禁法疑いでファイナンシャル銘柄も全体的に✖

為替・ビットコイン

ドル円113.98円(前週比+0.44%
ドルINDEX(DXY):94.13(前週比+0.55%
ビットコイン(BTC):今の時点で61600ドル台(前週比+1.13%

ドルINDEXが50日線タッチからの急上昇。米ドルは相変わらず底固い。
円と豪ドルも強く、弱かったのはユーロ。
たまたま見たトルコリラが11.8円と、スワポ狙いでFXやってる人が心配(笑

ビットコインは天井付近で上昇一服。オシレーター系を見るともう少し下押ししそう。

米国 中・長期国債

2年債利回り0.5010(前週比+8.28%
10年債利回り1.561(前週比-4.93%

10年債は下落、2年債は今週も大幅上昇。
イールドカーブのフラット化がどんどん進んでいます。銀行株には不利な展開。

来週の重要な経済指標

11/01 ISM製造業景気指数 10月

11/03 ADP雇用者数 10月
11/03 ISM非製造業景気指数 10月

11/04 FRB政策金利(FOMC) 11月
11/04 貿易収支 09月

11/04 雇用統計 10月

来週の展望

来週は引き続き決算あり、FOMCあり、 重要な指標も目白押し。
FOMCは特にサプライズもなさそうなのと、ISM両景気指数もかなり高い位置にいるので
いま株価に一番影響があるのは雇用統計になりそうです。

個人的に気になる決算はスクエア(SQ)とコインベース(COIN)
どちらもマルケタ(MQ)の決算に直結してきそうなので。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ