【買増し】債券市場に注意しながら ポイントを探りたい【まだ先】

finviz S&P500 1Day Performance

昨日はずいぶんと下落しましたね、血の海のようです。
前日に資金を逃がしておいたラッキーにも拘らず、130万円ほど溶けてしまいました。
いや~米国株って楽しいですね。(白目)

この下落の原因は当然、国債利回りの急上昇ですが、見方は2つあります。

ひとつは利上げが早まるとの見立てから、
いまのうちに国債を売っておこうという動きと

もうひとつは民主党の連邦債務上限の引き上げが
共和党に邪魔されて思うように進まないことでのデフォルト懸念です。

早期利上げが原因で国債が売られているのであれば
ある程度のところで買戻しが入って、早い段階で落ち着くことが予想されます。

ただし、デフォルト懸念で売られているのであれば
期限の10月中旬まで債券市場は緊張感に包まれたまま、落ち着かない展開が予想されます。

来年には中間選挙がありますので、共和党もギリギリまで反発してくる可能性が高く
そうなると2011年の米国債ショックとまったく同じ状況になりかねません。

しばらくは株価よりも債券市場をチェックする必要がありそうです。

   2011年の米国債ショックはこちらに書いてあります。↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ