【第15回】株価回復も、国債利回り急上昇で楽観ムード消滅

株価指数・債券・為替・経済指標を振り返り

一週間の出来事要約【2021.9.20~9.24】

・FOMC通過で米国債利回り急上昇。
・1兆ドル規模のインフラ投資法案10月に延期か。
・世界の航空業界、コロナ過の旅行需要縮小で債務残高37兆円。
・中国恒大集団のデフォルは先延ばしも、来年一月まで毎月償還騒ぎ開催予定。
・中国の暗号資産全面禁止、違反者には罰則も。

株価指数各種・VIX

NYダウ 34,798.01前日比:+0.10%前週比:+0.61%
ナスダック 15,047.70前日比:-0.03%前週比:+0.02%
S&P500 4,455.47前日比:+0.15%前週比:+0.50%
ラッセル20002,242.60前日比:-0.39%前週比:+0.91%

恒大集団のデフォルト懸念による全世界株安から始まった今週も、FOMC通過から回復基調。
VIXも20.81から17.75と落ち着きを取り戻しました。

ただし、中国リスクは継続中、米国内の雇用とインフレ、消費者マインドの低下
法人税やキャピタルゲイン増税、10月に迎える米国債のデフォルト懸念と
乗り越えるハードルが多すぎて、このまま素直に上昇するような楽観的な空気はありません。

GAFAM

finviz S&P500 1Week Performance

MSFTとGOOGは50日線をサポートに上昇。
逆にAMZN、FB、AAPLは50日線が上値抵抗線となって頭を叩かれる展開。

オシレーター系はどれも上昇しそうな形。その中でも一番いいのはGOOG。
先週末から今週にかけての小幅調整がガス抜きになった感じがします。

その他、利上げの恩恵を受ける金融株の上昇が目立ちました。

為替・ビットコイン

ドル円110.74円(前週比+0.69%
ドルINDEX(DXY):93.27(前週比+0.03%
ビットコイン(BTC):今の時点で41300ドル台(前週比-16.46%

ドル円はFOMCを足掛かりにボックストレンドを上抜けしそうな上昇力。
水は高い所から低い所へ、お金は(金利の)低い所から高い所へ、の格言どおりなら
利上げ時期が明確になるたびにドルが上昇する可能性が高いです。

ビットコインは中国の「暗号資産の全面禁止」を受けて一時9%の急落。
その後も上値を切り下げながらダラダラと下落中。
ここ(40000ドル)で反転できなければ、再度30000ドルまで下がる可能性大。

米国 中長期国債

2年債利回り0.2715(前日比+4.18%)(前週比+16.87%
10年債利回り1.454(前日比+1.54%)(前週比+6.12%

FOMCで利上げの時期が早まったことで、短期債が売られ利回り急上昇。
10年債もここ2日で10%以上の上昇と、キナ臭い雰囲気が出てきました。

金利が上昇すれば利回りも上昇するので、当然といえば当然ですが
急激な利回り上昇は、小型グロース株に売り圧力が集中するので注意です。

来週の重要な経済指標

09/28 コンファレンスボード消費者信頼感指数 09月

09/30 実質GDP(確報値) 第2四半期
09/30 新規失業保険申請件数 09/19 – 09/25

10/01 PCEデフレータ 08月
10/01 ISM製造業景気指数 09月
10/01 ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) 09月

来週の展望

今週は中国の動向とFOMCで上下に激しく動いた一週間でした。
来週は急上昇している国債利回りがどうなるのかが焦点となりそうです。

また少し先にはなりますが、利上げやテーパリングを早めることで
今の雇用やインフレが改善できるかも注視していきたいところ

雇用・インフレが改善できないまま利上げが始まれば
銀行からの借り入れがある企業は、法人税増税、コスト高に加え
銀行への返済額も増加することになり、企業の利益を目減りさせる結果になりかねません。

   前回の記事はコチラ↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ