【第8回】新高値更新でソロソロ売りたい気分【2021.8.2-8.6】

8月1週目の株価指数・債券・為替・経済指標

今週はメジャー3指数ともに最高値付近を天井に上げ渋る展開。
巨大企業の決算が概ね通過したことで、気が緩んでいる感もありますが
株価チャートとMACDにダイバージェンスが見られ、不確定要素も孕んでいます。

上ばかり見ていると落とし穴に気づかないものです。注意しましょう。

株価指数各種・VIX

NYダウ  35,208.51 前日比:+0.41% 前週比:+0.77%
ナスダック 14,835.76 前日比: -0.40% 前週比:+1.10%
S&P500 4,436.52 前日比:+0.17% 前週比:+0.93%
ラッセル2000  2,246.40 前日比:+0.46% 前週比:+1.03%

VIXは18.24から16.15と低下。
決算の良し悪しで急騰急落が激しいものの、指数でみれば大きな動きは見られず。
全体的には好決算が多い分、指数も上がるといった感じでしょうか。

好決算で全体のEPSが底上げされたことでゴールドマンサックスが
S&P500の目標価格を4300から4700に引き上げたことでも好調さが分かります。

ちなみに、S&P500が4700になると、VOOは$429.64、SPXLは$136.69。

ただし、GSが買い推奨してる時は逆の行動するべし、とも言いますので
レバレッジ系などは、そろそろ逆指値の点検をした方がいいかもしれません。

GAFA MT

finviz S&P500 1Week Performance

アマゾン(AMZN)以外の決算は好調で、下がったとしても50日移動平均線がサポート。
逆に急落したアマゾンは50日線が抵抗線となり、しばらくはこのラインで叩き落とされる展開が予想されます。

為替・ビットコイン

ドル円110.20円(前週比+0.47%
ドルINDEX(DXY):92.78(前週比+0.74%
ビットコイン(BTC):今の時点で44900ドル台(前週比+7.13%

ISM非製造業指数と雇用統計の結果が良かったことで、利上げが意識されドルが上昇。
ADP雇用者数の悪化で一時108円台に下がったところが買いポイントでした・・・

ビットコインは直近高値40300ドルの抵抗線を再度突破して上昇中。
かなり明確に突破してきたので、しばらくはブーストが掛って上がりそうです。
ただ、上がったら上がったで逃げたい人も多くなり、利確下げとのパワーバランス次第。

米国短期国債・長期国債

2年債利回り0.2122(前日比+4.95%)(前週比+11.50%
10年債利回り1.305(前日比+5.95%)(前週比+6.05%

米国債利回りが週末に急上昇。
国債から資金が吐き出されて、株に流入してる可能性もありますが、それにしては動きが小さい。
何処に向かってるの?

来週の主要な経済指標

08/11 消費者物価指数 07月 前月比予想:0.5% 前年比予想:5.3%
              コア・前月比予想:0.4% コア・前年比予想:4.3%

08/12 新規失業保険申請件数 08/01 – 08/07 前回:38.5万人
08/12 生産者物価指数 07月  前月比予想:0.6% 前年比予想:7.1%
              コア・前月比予想:0.5% コア・前年比予想:5.6%

08/13 ミシガン大学消費者信頼感指数 予想:81.2

来週の展望

来週は消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)に注目。
これ以上のインフレ率上昇は、景気悪化が加速し、スタグフレーションも懸念されるため
前月比で予想を超えてしまうと「インフレは一時的」とか言ってられない状況に。

来週の決算:$TTD $NIO $DIS $COIN $U $WISH $BRK.B $EBAY $WIX など
自分に関係あるのはトレードデスクとディズニー、バークシャーあたり。

夏枯れ相場に入りますがまだまだ油断できません。

  前回の記事はコチラ↓


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ