【悲報】アリババに更に締め付け強化、法人税の優遇税率が取り上げられる

アリババの決算後のカンファレンスコールで
10%の優遇税率を受けられる「重点ソフトウエア企業」として、同社事業の一部が扱われなくなったと、一部の投資家に伝えた。とのこと。

端的に言えば、法人税減税の条件を中国国務院取り上げられたって事ですね。

中国の法人税は何%?

基本税率

  1. 企業所得税の税率:25%
  2. 非居住企業が中国国内において機構、拠点を設置していない場合、または機構、拠点を設置したが取得した所得がその設置した機構、拠点と実際の関係がない場合、中国国内源泉所得について企業所得税の適用税率は20%とされるが、優遇により10%の税率で企業所得税が徴収される。

軽減税率

  1. 条件に合致する小型の低利益企業:20%
  2. 国が重点的に援助する必要のあるハイテク企業:15%
  3. 税収優遇の具体的方法は、国務院が規定する。

アリババの法人税率はいくらだったのか

基本税率25%から
軽減税率(2)のハイテク企業だったため15%となり
基本税率(2)の中国国外に拠点を置いている企業で10%以下になると思われます。

これにより、昨年の税控除は約61億元(約1000億円)相当となり
今後、この軽減税率が撤廃され基本税率が25%に戻れば、この控除額がそのまま売上減となるので、巨額のコスト増要因となる見込みです。

記事には「事業の一部」とあるので、この金額が全部ではないとは思いますが
前回の決算でも売上予想:209.16Bに対して、結果:205.74Bとショートしてますし
またもや雲行きが怪しくなってきました。

現在は180ドルを底に反発して200ドル付近まで戻ってきましたが
もうキリがないので、頃合いを見て売った方が安心して眠れそうです。
目安は50日移動平均線の210ドル超えたあたりを目指したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
中国株
週末が暇な米国株投資家ブログ