【中国株】反発、アリババ190ドル回復。〇んだ猫が弾んでいます。

世界中に影響を与えている中国株の暴落も、今日は少し反発しているようです。

香港ハンセン指数は+1.54%、上海総合指数は-0.58%

アリババ(BABA)は現在、プレで+1.94%
JD.com(JD)は+1.36
テンセントは+0.27%

テンセントの戻りが鈍いのは、音楽配信サービスの独禁法違反絡みかもしれません。

中国株ニューエコノミーETF(CXSE)は+1.28%
チャイナインターネットETF(KWEB)は+3.78%

昨日の急落から底を探る展開から一転小幅上昇、プレオープンでも上昇しています。

ただし、良い情報も悪い情報も、何も出ていない中での上昇なので
単純に「あらお安い」で買われている可能性が高いです。実際割安ですし。

ここからの展開はセオリー通りなら「半値戻し」からの「二番底」といったところ。
アリババ(BABA)を例に挙げれば、直近高値210ドルから180ドルまで下がったので
その半値、195ドル付近まで一旦上昇、そこから再度下落開始といった感じ。

Dead Cat Bounce 「死んだ猫でも高いところから落とせば弾む」というやつですね。

もちろん中国共産党が手のひら返ししてくる可能性もゼロではありませんが
企業が巨大になると規制で押さえつけるやり方では、これ以上の成長も見込めませんので
私の残ったアリアババ20株もそこら辺で売るかもしれません。

ああぁ、もう損切りいやぁぁ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
中国株
週末が暇な米国株投資家ブログ