【GAFAM】小さな船での冒険はお終い。より安定的な時代へ

今日は少し下げてますが、GAFAMは安定してますね、こんばんは。

GAFAMかそれ以外か

さてさてさーて、日に日に強さが増すGAFAM。そして連日マイナス幅を広げる小型グロース。これはもう金融相場が完全に終了しましたね。うん、きっとそう。

次に待ち受けるのはテーパリング、その後に利上げと、金融引き締め案件しか残っていませんからね。当然といえば当然です。お疲れさまでした。

また、こういった場の転換点というのはトリクルダウンが起きやすいのが特徴。

トリクルダウンというのは「滴り落ちる」という意味で、大企業の業績が上がれば、その下の子会社・孫会社へと利益が順番に落ちてくる。といったもの。アベノミクスで習いましたね。

今はそのピラミッドの頂点であるGAFAMがテンプレ通りの強さを見せています。
まずはここに資金が集中して、投資や消費が活発化していく初動といったところでしょうか。

景気回復時には一番先に上昇し、景気後退時には一番最後に下落する。それがGAFAMです。

もちろんそれ以外にも素晴らしい業績を見せる企業もありますが、より安定的なものが好まれる地合なので、ここでは単純に時価総額の上位が選ばれがちです。

GAFAMかキャッシュか

小型株から資金が逃げ出している中でいま考えるのは

一旦キャッシュを増やしておくか、大型安定株に資金を移動するか、が常套手段です。

小型株の下落が暴落前の先行指数と見るのであれば、今後の大きな調整を予想してキャッシュを多めに持っておくのも一つの手。このビッグウェーブに乗って資金を移動するのも一つの手。

もちろんお気に入りの小型株を塩漬け覚悟で持つのもいいですが、精神的に落ち着いていられる程度にしておくことをオススメします。

私はこのマルケタ(MQ)とロブロックス(RBLX)、ピンタレスト(PINS)は残しました。好きなので。

魅惑的なAMZNのチャート

個人的にはこの後の決算や自社株買いを考慮すれば、大型グロースに移動したいところ。

あまり何を買った方がいい的な物言いは、グー〇ルアドセンスさんに怒られるそうなので、曖昧にしますが、今はGAFAMをアレした方がいいと思うような気がしないでもない。

特に決算3回分のEPSが上昇したにも関わらず、株価は長いヨコヨコで力を貯めに貯めまくった後、最高値を更新。いまはその高揚感を冷やしてる状態のアマゾン(AMZN)がとても魅力的。

決算でズドンといく未来が見ます。

今日の0:00段階ですが、過熱感もだいぶ引いてきました。
もう少し引いて3500付近まで落ちてくれると安心して買えそうなチャートです。

アマゾンと同様に長いヨコヨコ期間で力を貯めたアップル(AAPL)も次点で魅力的。

アップルの決算は7/27、アマゾンの決算は7/29の予定です。お楽しみに。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ