小型グロースのターンは暫く来ないかもしれない

本日は寄り付きで新高値更新が続出し、大きな上昇の期待が込められた途端、あっという間にマイナスに転じるいつもの展開。昨日買ったばかりのMQも早くも3%のマイナス。

嵌めやがったな!

それでもGAFAを筆頭とした大型ハイテクはプラスを維持し、ダウナスSP500の指数系もギリギリプラス圏内で踏ん張っている。いや、私のFBは踏ん張っていないのでGAMAかもしれない。

そんな中、まるでやる気が感じられないのが小型グロースたち。

10年債利回りは一時1.30を割り込み1.296まで下がった。金利が下がっているのに小型グロースが上がらないのは何故なんだぜ。

金は上がっているな。ビットコインも上がってる。聞いたことないコインも上がっている。
そして中長期国債が買われ、GAFA、じゃなかったGAMAなどの大型株も買われている。

指数は最高値を更新していてもマインドはリスクオフなのかもしれない。

テーパリングも利上げもある程度マーケットに織り込まれ、そろそろ金融相場が終わろうとしているタイミングである。手持ちの資産で危ないものから先に始末したいと考えれば、やはり小型グロースからだろう。

特にコロナショックのビッグウェーブに乗って嵩上げされたヤツはもうダメかもしれない。
居酒屋で靴を脱いだら背が小さいのがバレた。的なやつだ。

とはいえ株価がゼロになるわけではないし
下がったら下がったで「あらお安い」だけで買われることもある。

一度自分の持ち株のフェアバリューを計算して持ち続けるか、手放すかの選択をして
見込みがないものは今月処分しようと思いまーす。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ