【FOMC】遅かれ早かれ金利は上がるって、みんな知ってる。

FOMCの記事ばかりですみません

昨日の記事文末で
「私はそろそろ出口に向けてジャブを打つ程度のことは言ってくるころかなと予想しています」
と書きました。

これは、インフレは一時的であり、雇用も7~8月の雇用統計では改善すると予測できるので、パウエルさんは将来のテーパリングに対して、急激な市場悪化よりも情報を早め早めに出して、ソフトランディングを仕掛けてくると考えたからです。

私の予想ではテーパリングの時期をある程度明確にして、徐々に市場が織り込んでくれることを期待していたのですが、結果はこれでした。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は15、16両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定した。一方で2023年末までに2回の利上げを見込んでいることを示唆し、経済が回復する中で利上げ開始時期が前倒しされる可能性が示された。
(c)2021 Bloomberg L.P.

声明と同時に公表された四半期ごとの経済予測では、FOMC参加者18人のうち13人が23年末までに少なくとも1回の利上げがあると予想。こうした予想を示したのは3月時点では7人だった。また11人は、同年末までに少なくとも2回利上げがあると予想。また早ければ22年中に利上げがあると見込んだ参加者は7人おり、前回の4人から増えた。
(c)2021 Bloomberg L.P.

ぐぬぬ、まさか先にFF金利の方に言及してくるとは・・・

株式市場はどう反応したのでしょうか

正直、この発言でかなり下落すると思いましたが、株価の反応は薄め。真っ赤ですけど。

FF金利が上がれば銀行系が強くなります。一部オアシスのようになってますね。

これはまだ終わりの始まり

株式市場は一旦下落するでしょう、特に利益を出していない小型グロース株や、銀行に借り入れが多い企業などは金利の上昇で成長力の鈍化が懸念されますから猶更です。

ただしこの下落は短期的だと思います。だってみんないつかは金融緩和は縮小すると知ってるでしょ? FF金利もいつかは上がるって知ってますよね?
知ってはいるけど、音楽が鳴ったら踊らなきゃいけない。今はそんな状況なわけです。

これからは経済指標、FOMCの度に音楽が流れます。もう金融緩和が拡大することはありませんし、給付金が支給されることもありません。金融相場から業績相場にチェンジします。

さぁ、あなたはヒップホップのリズムで盆踊りを踊り続けられますか?

それではここで1曲、乃木坂46で「ごめんねフンガーフンガー言っちゃって」フランケン

乃木坂46『ごめんねFingers crossed』


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ