ISM製造業景況指数は低下、離職者増加、コロナ感染者100万人超

マクドナルド(MCD)やコカ・コーラ(KO)バークシャー(BRK.b)などが最高値を更新する中
ハイテク、グロースが投げ売られ、前日の上昇を打ち消してしまいました。

現在のプレでもバリューが買われてグロースは売られている状況です。
完全にグロース株からバリュー株に資金が移動しているような思惑が見え隠れしていますね。

原因はやはり、ここにきての国債利回りの急上昇でしょうか。

利上げが予定されるグロースに不利な地合いで、国債が上昇すると株価下落にブーストがかかってきますね、逃げるなら早い方がいいかな?

と思ったけど、10年債利回りはまだ1.6%台。
ここまであからさまにローテーションしてくるのは過剰反応過ぎないですかね。

まぁ他にもいろいろと悪い状況が重なりましたけど

12月のISM製造業の景況指数は58.7と、市場予想の60.0を下回りました。
また、58.7は2020年の11月(57.5)以来の低い数値です。

ただ、仕入れ価格と入荷遅延が低下しているので、インフレも低下すると考えれば
今後に期待できる指標だったように思えます。

この辺がバリューが上昇している要因かもしれません。

11月の自発的な離職者数が過去最高の450万人に
こちらは今日のADP雇用者数や金曜の雇用統計に向けてネガティブになる可能性がありますが、しかし米国人って全然働かないのね。

あとは、コロナ変異種の感染者が1日に100万人を超えて過去最高になるなど
年始早々、株価に逆風となる出来事が多く出てきました。

FIREに向けて、今月中旬にある程度ポートフォリオを配当寄りにしようと思っていましたが
ちょっと早まる可能性が出てきました。

おまけ

チャーリー・マンガーがアリババ株保有を2倍にしたってよ。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ