【2021年】年間損益、金融資産推移、節税、総まとめ

最後の配当金の電子交付が来ていたので、2022年末に向けて2021年の損益収支をまとめておこうかと思います。

2021.12.31 米国株ポートフォリオ

ポートフォリオは2020年末とほとんど変化はありません。
SPYD750枚をQYLD1000枚に入れ替えたくらいで、売買はOthersに含まれる小型グロースだけを動かしていた感じ。

S&P500 2021年間チャート

バカでも稼げる2021年米国株投資でした。
ただ、年初から始まったミーム株ブームやSPACブームに乗った人はメタメタにやられたかもしれません。私の小型株も悪臭を放っております。

2021年 年間損益

SBI証券 SBI証券 楽天証券 楽天証券
確定損益$4,142.09\225,339$3,282.24\412,173
配当(税別)$5,103.49\558,359$1,574.27\172,066
外貨MMF-\1,413,100-\143,622
-¥629,402\440,617
配当の税金は全部戻ってくる予定なので税別で計算

短期売買の成功も失敗も経験して、確定損益は+64万。配当金は73万。
外貨MMFの高速売買でマイナスを合計150万ほど作れましたが、SBIの方は配当の税金が還付金として全部戻ってきたものの、楽天の方は確定申告で戻してもらう形になります。

こちらはSBI証券の還付金報告

昨年より4万円ほど増えて10万超え。塵も積もれば10万円。おいしいね。

その他

2018年1月から始めた、つみたてNISAとか

同時期に始めたiDeCoなんかも勝手に増えていました。
どちらも普段は見ないようにしてますが、総まとめなので入れておきましょう。

金融資産推移

2017/12/31\40,502,489
2018/12/31\40,411,080-\91,40999.77%
2019/12/31\51,343,374+\10,932,294127.05%
2020/12/31\60,120,176+\8,776,802117.09%
2021/12/31\78,247,542+\18,127,365130.15%
2017年の10月、VTI(10枚)からスタートした米国株

そんなこんなで金融資産は今年だけで1800万ほど上昇。(給与などの所得も入っています)
S&P500が27%の上昇だったようなので、あんまり変わらないですね。

しかし労働収入も含まれているとはいえ、4年で資産が2倍近くになる米国株ってすごいね。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ