【29週目】2021年のまとめと2022年の市場予想

株価指数・債券・為替・経済指標を振り返り

一週間の出来事要約【2021.12.27~12.31】

株価指数各種・VIX

前日比前週比
NYダウ 36,338.31-0.16%+1.06%
ナスダック 15,644.97-0.61%-0.05%
S&P500 4,766.19-0.26%+0.86%
ラッセル20002,240.15-0.16%+0.67%
S&P500 VIX17.21-0.64% -4.06%

ヒートマップ(年間)

finviz S&P500 1year Performance

2021年最後の取引はマイナスで終わったものの、通年では殆どのセクターで大幅なプラス
3大クレカサービスのM・V・Pとエンタメ、テレコムが冴えない1年でした。

チャートを見ても今年1年、安定したゴルディロックス相場だったのが解ります。
インデックスを買っていれば誰でも資産が増えた2021年でしたね。

ちなみにS&P500は年間で27~28%ほど上昇したようです。

為替・ビットコイン

ドル円115.09円(前週比+0.66%
ドルINDEX(DXY):95.67(前週比-0.40%
ビットコイン(BTC):今の時点で46800ドル台(前週比-6.62%

ドルインデックスが徐々に下落しているので、ドルそのものは弱い展開。
円がそれ以上に弱くなっている結果で115円到達。ここから上は堅そう。

ビットコインはダイバージェンスのサインから下落にトレンド転換。
形は汚いですがヘッド&ショルダーも形成していて、下値目安は40000ドル。

米国債

2年債利回り0.7341(前週比+5.81%
10年債利回り1.514(前週比+1.38%

利上げに向けて今週も淡々と利回り上昇中。
イールドカーブのフラット化からの株価下落にも注意しましょう。

来週の重要な経済指標

1/5 ISM製造業景気指数 12月
1/5 ADP雇用者数 12月

1/6 FOMC議事録 12月
1/6 貿易収支 11月

1/7 ISM非製造業景気指数 12月
1/7 雇用統計 12月

2022年の展望

年明け早々に重要な指標が連続でやってきます。気が抜けませんね。

上に今年1年のチャートを載せたので、来年の予想もチャートで見ていきます。

来年はこんなチャートになるかもしれない

2022年は金融相場から、テーパリング、利上げと急激に引き締め相場に転換するので
同じような背景を持つ2015~16年のチャートをトレースするのではないかと考えています。

当時は2014年の約1年をかけて金融緩和を縮小、その後2015年後半に利上げを発表、2016年に利上げとなりましたが、現在はその間隔がギュッと詰まった進行になっているため、その悪影響もどこかで出てきそうな気がします。

ただし、2015~16年にかけての下落は-17~18%ほどの激震になってしまいましたが
現在は利上げがある程度織り込まれていることもあり、利上げのペースを間違えなければ、ここまで酷くはならないのではないかとも考えています。

あくまでもペースを間違えなければの話ですが・・・

それでは2022年も頑張って資産を増やしていきましょう。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ストック 米国株
週末が暇な米国株投資家ブログ